タイトル

ベビー服の種類について

ベビー服は、大体80cmまで、キッズ服が90cmからとなっている表記が多いです。
ベビー服には、ねんねの赤ちゃんが着用しやすいカバーオール、カバードレスの2つの種類がメインです。
どういった形かと言うと、 上下が繋がった、つなぎのような物になります。
カバードレスというのは、 足元をスカートのように出来るデザインで、寝返りを打たないうちは このタイプを使うと家にいる間は楽チンです。
肌着も、お腹が冷えないように、主に上下が繋がっています。
寝返り、ズリバイ、ハイハイまでは ベビー服を使用することが可能です。
ハイハイをするようになると、足元を動かしにくいと赤ちゃんのストレスになり兼ねませんので、 カバーオールはあまり小さいサイズを着せない方が良い場合もありますので、注意します。
肌着は、新生児のうちは、紐で結ぶものが種類的には多いのですが、 70cmぐらいからは、スナップの前開きが多くなります。
汗をよくかく赤ちゃんは、こまめな着替えが必要なので、 着替えさせるお母さんにも、楽チンな物の方が良いですよね。
スナップが付いた肌着は、首すわりがまだな赤ちゃんからも使えますし、 スナップで着脱も楽チンなのでおすすめです。

ベビー服を選ぶときのママのポイント

ベビー服を初めて購入するとき、まずは自分の子どもに合うサイズが何か考えます。その際、必ずどこの店頭にもある月齢とサイズを比べる人が多いと思います。しかし、例えば生後3ヶ月の子が60とか、生後6ヶ月の子は70とか掲示されていますが、その通りのサイズが合う子ばかりとは限りません。購入するときは、できる限り試着をすることをおすすめします。赤ちゃんに試着を?と思う方もいると思いますが、店頭でみて小さくて可愛いと思って、いざ家に帰って着せてみるとぶかぶかでとてもじゃないけど着られない、なんてことになることも多々あります。そして、じゃぁもう少し経ったらなんて思っているとあっという間に着られなくなってしまいます。なので、少し面倒だと思いますが、試着は大切です。次に、ベビー服には様々な種類があります。カバーオール、セパレートなど…寝返り前の子には下にボタンがついているカバーオールが楽ちんです。しかし、寝返りをし、ハイハイを始めた子にこのボタンがたくさんついている服を着せているとおむつ替えの度に戦争となります。一歳から保育園にと考えているお母さんは、70か80のサイズの服を、買う頃から上下別の物を購入することをおすすめします。おむつ替えが楽ですし、何より大抵の保育園は上下別の服を着替えにもってくるように指定されています。特別なとき以外は、汚すことも考え有名ブランドではなく安いもので充分です。子どもは寝るのも全身で遊び、汚すのも仕事です。その子の生活スタイルに合わせたベビー服を選ぶことが大切です。

おすすめWEBサイト 5選

陰山泰成の経歴

http://www.e-dentist.co.jp/magazine/keiei/66_090601

iphone 修理 天王寺

http://castle-iphone.com/shop-tennoji/

オーディオやプロジェクターの高価買取

https://www.avac.co.jp/used/user_data/purchase.php

2017/2/22 更新